生活費を極限まで節約したいならAmazonギフト券に注目

生活費を極限まで節約したいけれど、なかなか上手く出費をコントロールできない。
そんな悩みを持っている人も多いのではないでしょうか。

 

そういう時には、解決策として、Amazonギフト券に注目してみるのも一つの手段です。

 

最初は書籍の販売から始まったAmazonですが、今では家電製品から食料品まで、日常生活で必要なものは何でも販売しています。Amazonで売っていないものを探すのが難しいぐらいです。

 

しかも非常に安い!ことが特徴で、多くの製品ではAmazonが最安値。あまりに注文が増えすぎて、宅配便の配送が追いつかないという問題まで起こしています。

 

もし、生活費を極限まで節約したいと思っているなら、Amazonギフト券を上手に活用してみることを考えてみても良いと思います。Amazonを通して買うものを、必ず安くする方法があるからです。

 

Amazonギフト券は、アマゾンが発行する商品券で、アマゾンの内部ではお金として通用します。現実の通貨と同じで、他人に譲渡可能なのが特徴です。

 

実はネット上でAmazonギフト券の売買を仲介しているサイトがあって、そこでAmazonギフト券を額面価格のおよそ7〜8%引きで購入することが可能なんです。

 

これはつまり、Amazonで確実に7〜8%引きで商品を購入する方法があるということを意味します!

 

Amazonギフト券とはどういうもの?

Amazonは通販ショップですから、偽造防止処置が施された紙の商品券などがあるわけではありません。

 

Amazonギフト券とは、具体的には、通販サイトで購入する際に入力する文字コード(ギフトコード)のことです。Amazonギフト券の券種は、大きく2つの種類に分かれます。

 

『チャージタイプ』のAmazonギフト券

『チャージタイプ』のAmazonギフト券は自分のAmazonアカウントに残高をチャージする目的のもので、支払完了後に自動で対象アカウントへのチャージが完了します。

 

『チャージタイプ』のAmazonギフト券は、基本的に自分自身で使用するためのもので、売買の対象にはなりません。※当サイトで説明するAmazonギフト券の対象外となります。

 

『チャージタイプ』以外のAmazonギフト券

『チャージタイプ』以外のAmazonギフト券は、所持している人が使えるという意味で、いわゆる一般的な商品券に相当するものです。これが仲介サイトでの売買の対象になります。

 

『チャージタイプ』以外のAmazonギフト券は、デジタルデータとして購入できるものが、『Eメールタイプ』と『印刷タイプ』の2タイプに分かれています。

 

『Eメールタイプ』と『印刷タイプ』は、ギフトコードをEメールで渡すか、PDFファイル(画像)で渡すかの違いがあるだけで、実質的に同じものです。

 

さらに、データではなく、プラスチックカードで販売されているものが、『グリーティングカードタイプ』、『ボックスタイプ』、『封筒タイプ』の3タイプに分かれています。

 

『グリーティングカードタイプ』、『ボックスタイプ』、『封筒タイプ』は、プラスチックカードをどういう梱包形態で渡すかが違うだけで、実質的に同じものです。

 

『チャージタイプ』以外のAmazonギフト券(比較表)

項目 文字コードのみ プラスチックカード
Amazonギフト券イメージ

Amazonギフト券

Amazonギフト券

Amazonギフト券のタイプ

・Eメールタイプ
・印刷タイプ

・グリーティングカードタイプ
・ボックスタイプ
・封筒タイプ

Amazonギフト券の金額 15円〜50万円(1円単位)

・上限5万円は共通
・下限価格は各タイプで異なる
・グリーティングカードタイプ 1,000円〜
・ボックスタイプ 5,000円〜
・封筒タイプ 3,000円〜

お届け時間 注文完了から約5分 お急ぎ便で当日または翌日
配送料 無料 通常配送無料
有効期限 10年 10年
支払方法 クレジットカード

クレジットカード
代金引換
コンビニ決済
ATM・ネットバンキング

ギフト設定 なし あり
発行会社 アマゾンジャパン アマゾンジャパン

 

上記の比較表は、Amazonギフト券を自分で新規に購入するという場合ならともかく、仲介サイトで発行済みのAmazonギフト券を購入する場合は、あまり気にしなくても大丈夫です。

 

文字コード(ギフトコード)が有効期限内であれば使用可能ですし、その有効期限も10年と長く、期限切れなどを心配する必要はほとんどありません。

 

Amazonギフト券の有効期限が、一律10年間に延長されたのは、2017年4月24日以降の発行分からです。それ以前は券種ごとに発行から1年間〜3年間でしたので、まだ一部で流通している2017年4月23日以前の発行分を購入する際には気を付けてください。

Amazonギフト券の売買仲介サイトランキング

amaten

amaten(あまてん)

amaten(あまてん)は、10年以上の運営歴を持つ、電子ギフト券個人間売買の老舗サイトです。

 

amaten(あまてん)の魅力は何と言っても、販売価格が安いことです。Amazonギフト券の場合は、91%代の前半(91.2%〜91.3%程度)が中心の価格率です。

 

ほぼ必ず8%以上割引された価格で、Amazonギフト券を購入できるということですから、非常に大きなメリットです。

 

在庫が多いことも特徴で、額面的にも1000円程度の少額から、数万円の高額券まで、用途に応じてさまざまな額面金額を選ぶこともできます。

 

もちろん運営歴が長く、信頼性が高いところもプラス要素です。Amazonギフト券の売買仲介サイトとして、総合的に第1位の評価としました。

 

ギフル

ギフル

ギフルも、使いやすい仲介サイトです。

 

Amazonギフト券の価格率は、92%代後半(92.5%〜92.8%)が中心となっていて、amaten(あまてん)よりも1%強は割高になってしまうイメージです。

 

電子ギフト券売買の仲介サイトは、いわばネット上の金券ショップですから、価格率、値引率は最大の注目ポイントになってしまいます。総合的に第2位の評価としました。

 

 

ギフティッシュ

ギフティッシュ

ギフティッシュは、月間流通額は4億円で、国内最大の電子ギフトのリユースサイトです。

 

ただ、こちらも価格率、割引率で言うと、93%代が中心となっていて、やはりamaten(あまてん)よりも2%近く割高になってしまいます。

 

在庫量は非常に豊富で、突発的に90%以下の目玉案件が出ることもあるのですが、ほとんどの場合、はAmazonギフト券の価格率は93.0%〜93.5%です。

 

割引率を重視して、総合的に第3位の評価としました。

 

Amazonギフト券の売買仲介サイトならamatenがおススメ

amaten(あまてん)は、信頼性と、在庫、価格(割引率)のバランスに優れていて、Amazonギフト券の購入先としては、一番オススメできるサイトです。

 

商品券は原則としてクレジットカードでは購入できませんので、amaten(あまてん)を利用する場合も、代金は銀行振り込みとする必要がありますが、これは他のサイトでもすべて同じ条件です。

 

必ず8%以上割引された価格でAmazonギフト券を購入できるということは、必ず8%割引きでAmazonで買物できるということです。消費税分を丸々負担しなくて良いのは非常に大きなメリットです。

 

Amazonギフト券の購入サイトなら、最も割引条件が良いamaten(あまてん)を一番にオススメします!